Gun3s Audio Workshop

アクセスカウンタ

zoom RSS Ken Jordin Tiny Valve Box

<<   作成日時 : 2009/09/22 10:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

画像

画像


Ken Jordinのコンパクト・真空管ギターアンプヘッド Tiny Valve Box が来ました。
来ましたので、早速手元にあったMesaBoogieMarkIIIに搭載されているEVのL12に繋いで、音を出してみました。
12AX7 x2 / 6L6 x1のシンプルな構成ですが、結構好きな音がします。音に芯もありますし、チューブっぽい歪です。それは良いのですが、なんとハムが大きいのです。たぶんのこの個体のみだとは思いますが、スピーカーを繋いで、電源を入れた途端にブ〜〜ンです。前オーナーが、ノイズが大きいと言っていた理由が分かりました。
実は、このハムのおかげで、私の所へ渡ってきた訳です。

そのままでは使えませんので、ハム対策を行う事にしました。大抵の場合、ハムの原因は配線の関係や、接触不良です。まずは、ケースをオープンします。

画像

画像


底面のゴム足の横にある4本のネジを外すと、ケースとアンプが分かれます。
木製ケースが無くなったアンプ本体は、コンピュータの電源のようなルックスです。

画像

画像


実は、これからが大変でした。といってもネジが多いだけですが。
底面に4本、各側面に5本、なんとカバーを外すのに14本ものネジを外さなければなりません。なんでこんなにネジが多いのでしょうか?まるで、絶対に開けるなと言われているようです。
ケース上蓋が外れると、内部レイアウトが見えます。

画像


狭いケースの中で、12AX7が2本基板の上に、パワー管の6L6はなんと横向きにレイアウトされていました。
6L6のすぐ横にある真空管は、なんと初段の真空管です。
こんなので大丈夫なのでしょうか?

画像


その6L6のソケットを固定しているのも、こんな感じです。設計でミスったのか、調達でミスったのか、なんとスペーサーが継ぎ足されているのです。まず、日本製では見かけることのない事です(アマチュアの私は、良くやることですが)。

まずは、スピーカーを繋いだままで電源を入れ、配線を動かしてみました。ガリガリッ!!と派手な音がします。結構飛びつきや、接触不良があるようです。

そんじゃ、ハムの原因は真空管の接触不良かいなという事で、初段の真空管を抜いてみました。
これで、パッとハムは無くなりました。真空管を変更するかどうか悩んだのですが、とりあえず同じモデルの手持ちに差し替えておきました(精神衛生上の問題ですね)。ちなみに、使われていた真空管は、12AX7WAというSOVTEKのスタンダードなモデルです。

ちなみに、同じSOVTEKで、12AX7のシリーズでも、

画像


これだけ、プレートのサイズが違うものがあります。ちなみに、プレーとの大きな方は12AX7LPSというモデルで、ハムが少ないと言われているモデルです。
こちらに変えておくという方法もあったのですが、今回はオリジナルと同じWAを刺しておきました。

画像


シャーシ内のアースポイントは、底面のワンポイントとなっていました。普通は入力端子近くで落とすのですが、このポイントが都合がよかったのでしょう。

配線の整理?(ちょっと叩いただけ)と、真空管の刺しなおしで、当初あった盛大なハムは無くなりました。
まだ若干のハムは残っていますが、シャーシに触れると=シールドを繋いでアースに触れると、ほとんど無くなりますので、今回はこれで良しとしました。演奏時にギターから手を離すとハムが大きいようでしたら、シャーシをどこかにアースすれば良いのですから、すぐ対策できます。

ちなみに、パワー管の6L6は、やはりSOVTEKの6L6WGC(5881)という球が使われていました。黒いハカマが無いので、見た目はちょっと頼りないですね。

6L6シングルの10Wのアンプです。ライブにはちょっとつらいですが、自宅での練習や、レコーディングにはOKです。
価格も安いし、1台あっても良いのでは・・・・・・!!! ライブでもPAがちゃんとしていればOKです。

今回は、Boogieに入っていたSPを使いましたが、SPキャビを作る予定にしています。当初12インチ2発入りを考えていましたが、Jensenに12インチの16オームがなさそうでしたので、12インチ1発としました。ま、コンパクトな方が助かりますが・・・・
これはこれで、出来たらご紹介します。






最新クラシック in TV 2000
ユニバーサル ミュージック クラシック
オムニバス(クラシック)

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Ken Jordin Tiny Valve Box その3
前回、Ken Jordinのハム対策の話を書かせて頂きました。 ...続きを見る
Gun3s Audio Workshop
2009/12/14 12:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ken Jordin Tiny Valve Box Gun3s Audio Workshop/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる